「困ったときに気軽に鈴を鳴らしてください」という思いを込めて名づけました。 高齢者や障害者、その家族をお互いに支え合い、触れ合いながら誰にでも優しい街づくりネットワークを目指し、 地域の特性に合ったボランティア活動の実践を目的としています。

バリアフリーの旅

  • HOME »
  • バリアフリーの旅

バリアフリーの旅とは

バリアフリーの旅(バスハイク)は、「新婚旅行に行った箱根に行きたい」という要介護者の夢を叶えるために始まりました。遠出は無理だと思われた人も、ボランティアと一緒にゆったりとした行程で、日帰り旅行に行っています。車椅子昇降ができるリフトバス(川崎市福祉バス)を利用しています。

事前に、施設からの参加者のために施設とのカンファレンスを行い、車椅子研修・利用者の体調などについての学習会も実施します。

すずの会では年一回主催するバスハイクに加え、地域のリハビリグループのバスハイクへのボランティア協力も、年2回行っています。地域のボランティアグループが様々な形で協力しあい、連絡しあうことで、豊かな地域を作り上げようとしているのです。

活動写真

PAGETOP