「困ったときに気軽に鈴を鳴らしてください」という思いを込めて名づけました。 高齢者や障害者、その家族をお互いに支え合い、触れ合いながら誰にでも優しい街づくりネットワークを目指し、 地域の特性に合ったボランティア活動の実践を目的としています。

ミニデイ

  • HOME »
  • ミニデイ

ミニデイとは

川崎市野川いこいの家を拠点に、昼食をともにしながら、おしゃべりや手仕事、みんなで歌を唄う、からだを動かすなど、楽しく、元気なひと時を過ごします。 お年寄り一人ひとりから、日頃の様子をじっくり聞き、暮らし(生活)や健康に問題が起きていないか、ニーズの把握(日常的に支援が必要と考えられる方の早期発見)を行います。

また、日常的なサポートが必要だ(気になる)と考えられる場合は、ご本人やご家族と話し合い、 日常的な見守りを実施していきます。

ミニデイの参加者

毎回、利用者の方とボランティア、あわせて60~70人の参加があります。ケアハウスやグループホームに入居されている方も、毎回5~6名お越しいただいています。ミニデイは地域包括支援センターと協力して実施しています。

ミニデイの効果

ミニデイは、楽しい一日を過ごすだけでなく、参加者のニーズを発見し、つながりを作り、居場所を作るという機能を果たし、「要介護になっても、介護者になっても、地域とつながる場所」として、「私のための楽しみに場所」として、なじみの関係をつなぎ、顔見知りの関係を増やす活動になっています。このため、高齢者の方の生活に意欲をもたらす効果があり、介護予防効果が抜群です。

開催場所ならびに開催日時

野川いこいの家で、毎月第2水曜日と第4火曜日の2回、10:00~15:00

参加費用:昼食代500円

参加ご希望の方へ

ミニデイへの利用者としての参加、ボランティアとしての参加、研修生としての参加など、興味・関心のある方はご連絡ください。

活動写真

PAGETOP